読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞬間最大稚拙

エモーションレスというあり方もアリなはずなんだ

第一志望の会社に落ちた

第一志望の御社からお祈りメールをいただいた。面接をする中で「あ、たぶん落ちるな」と思ったのでそんなに失望感はない。落ちるべくして落ちたと思う。
しかし、自分が納得して入社できる会社をまた一から探さなきゃならないのか、と思うと少し気が滅入る。少し休みたいというのが正直な気持ちだ。
友人達は皆それぞれ第一志望の会社の面接に順調にコマを進めているらしい。みんな判を押したように名だたるホワイト企業。領収書を出せば交通費が出て、飲み会も奢ってもらえるようだ。お金とネームバリュー関しては、羨ましい。ただそれだけだ。
いつになったら「就活をやりきった」と胸をはって言えるのか。たぶんそれは心の底から自分の入りたい企業から内定をもらえたとき、それだけだ。道のりは遠く感じるので、今日くらいはゆっくり寝ようと思う。