読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞬間最大稚拙

エモーションレスというあり方もアリなはずなんだ

就活中なのに「99%の会社はいらない」読んだ

就活で一番大切なのはモチベーション管理

中だるんでいる - 瞬間最大稚拙

前回の記事でも書いたのですが、就活で一番大切なのはモチベーション管理です。あれ、この会社で本当にいいんだっけ? とかバカバカしい、やりたくないなあという感じだと面接では本当にしんどいです。企業は新卒に熱意、中長期的な夢といったものを求めがちなので、本気でor熱中してその演出をやらないといけません。

今の日本を見てそれでも「夢を見ろ」というのがそもそもハードル高いです。それゆえ就職活動で大切なことは、自分に対しても御社に対しても日本社会に対しても楽観的にヌルイ評価を下すことかもしれません。ようするに盲目になったほうがよい。若者らしく現実を見ずに熱い夢を描こう。自分にも御社にもヌルく、でも夢は熱くという力加減がちょうどいい。

 

「99%の会社はいらない」

しかしうっかり就職活動のモチベーションが下がってしまいそうな本に手を出してしまった。ホリエモン「99%の会社はいらない」という本である。  やっちまった。就職活動で一番大変なのはモチベーションの管理なのに。痛恨のミス。モチベーションをガツガツ下げてくる。

「ある本の著者が『自分の仕事のノウハウがつまったこの本を出したら差別化出来なくなり、自分の仕事がなくなるのでは』と心配したが、結局そんなことにはならなかった。これはどんなに本を読んでいても結局実践しない人が多いのではないか」というような意味の文章がいちばん印象に残った。「ああ、私のことだ」と恥ずかしくなったからだ。

どんなに知識を頭に入れ込んでも、行動しなきゃ、実践しなきゃ、継続しなきゃ意味がない。そんな当たり前のことを改めて気づかされたというのがこの本における一番の収穫だった。

 

 リスク取りたくない

堀江氏はこう書いている。「リスクを取れ。バカをやろう」と。

言うよね~~~~~~という感じだ。堀江氏はほんとうに根っからの経営者なんだろう。経営やビジネスで一番大切なのは、リスクを取る力だと感じる。

リスク、こええよ。だってリスクを回避するように教育されてしまったんだもの。日本全体の国民性としてもリスク回避性が高いだろうし、たぶん地方に行けば行くほど、リスクを怖がる人は多くなる傾向にあると思う。日本の経済を活性化させたいなら、リスクをとる授業とかを義務教育でやったほういいんじゃないかと思うくらい。日々の生活の項目の、「協調性」とか「あいさつができる」とかの下に「リスク愛好」という項目をつくったりすれば。リスクを取れる人間が将来社会を回す側に回るなら、子どものうちからそこを褒めておこうよ。

今からでもリスクを取れる人間になるには、みたいな本が売ってたら、みんな買うのだろうか。きっと買っても実行しないんだろうなとすぐに想像がつくのは、本を買いあさる人間はリスク回避性が高いであろうことを知っているからだ。それは私のように。