読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞬間最大稚拙

エモーションレスというあり方もアリなはずなんだ

もんやり

 

震災がコンテンツとして消費されるのを見るとしんどいので震災フリーライダーはせめて被災地にヒトモノカネをぶち落としてくれという話です。

 

具体的には被災地でボランティアに従事した結果早々に内定された元就活生のアルバイト代や震災関連の記事の公告収入とかのことです。

あと震災アートや震災クリエイティブで承認欲求を得ている方々におかれましてはいい加減ちょっと立ち止まってくれよなという感じ。

 

震災を風化させないことと震災をコンテンツにすることは分けられるべきだし、震災をコンテンツとして見せている人が「震災を風化させないためにやってる!」と言うなら震災コンテンツで稼いだお金はちゃんと全額募金箱にぶち込んでくれ。

 

震災を商標登録し権利者を被災地のどこかにして、震災コンテンツが発信される度に被災地に支援ができるしくみを作ればいいのか。いやそもそも震災のコンテンツ化を許していいのか。震災コンテンツは被災者と未来のための必要悪なのか。

 

震災はあまりにも多くのものを壊すと同時に、あまりにも多くのものを産みすぎた。語弊を恐れずに言えば、たしかに震災にはコンテンツとしての顕在的/潜在的ニーズが存在する。また「もともと膨大な意味を持つ震災」×伝家の宝刀「風化させないという言葉」よって震災は消費してもしてもし尽くせないコンテンツになってしまった。

 

しかし一方で、震災の持つ意味はあまりにも多様なのでコンテンツの切り出し方にはハイレベルなモラルが本来必要なはずなのに、伝家の宝刀のように「風化させないため!」を強調されて許容できないものまで許容せざるを得なかった気がする。

 

 

言いたかったことは

 

①「風化させない」風潮はいいけどそれで震災コンテンツが目的化しちゃいけないよね

②震災コンテンツを利用するときは「こういう背景で」「誰のために」をはっきりさせてモラルに反しないようにしようね

 

の二点です。

 

最後に。

「やらない善よりやる偽善!」と言いながら考えなしに為された偽善よりも、黙って、でもしっかり考えたうえで為された善のほうが尊く見える感じる私は、SNS時代に向いてないなあと、もんやりしました。