読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢をかきむしる

決めるのが苦手です

マインド面の就活準備にはFacebookを使え

就活中に感じた言葉の違和感がある。

 

その違和感を端的に表すと「おんなじ日本語を話してはいるけれど、会話が通じないような違和感だ。まさか文化圏がちがうのか?」というものである。

 

今回はその違和感の正体と、就活に苦労する私のような学生がどうやってこの違和感を払しょくしスムーズに「就職語」を身につけられるかについて考えた。

 

その結果、違和感の正体は「論理展開のポジ/ネガ」という要素と「感性/論理」という要素のずれが原因であり、違う言語圏の人も「Facebook語圏」にどっぷり染まることによってスムーズに「就活語圏」の適応がしやすくなるのではないか、という結論に至った。

------------------------------------------

 

以下の図は各々のSNSにおいて、「どのような発言が評価されやすいか(いいねや❤、ブックマーク、スターなどがつきやすいか)」をざっくりグラフにしたものである。

 

 

 

f:id:mokn106:20170303223448p:plain

 

 

上段の「インスタグラム」「Facebook」「就活」を「ポジ語族」とする。

この語族では、文章がポジティブであるほど評価されやすい。

いっぽうで「見栄」「リア充アピ」といったイメージもあり、表面上だけ綺麗にみせているという見え方もできるだろう。

 

下段の「Twitter」「はてな」「政治経済を語る人」を「ネガ語族」とする。

ネガ語族では「本音」「あけすけ」な文章が評価される。

しかしそのような言葉は概して他人を傷つけたり、批判したりといったネガティブなものになりがちだ。

 

 

左に行けば行くほど感性的に評価され、右に行けば行くほど論理が通っているかどうかで評価されるが、その語族内においてはある語圏の文章の評価に納得できない、ということはほぼない。

 

 

たとえばtwitterで評価されている文章は、はてなの人が読んでもそれなりにいい評価をくだすだろうし、

Facebookでいいねがたくさんつくユーザーのインスタグラムは、やはりそれなりにいいねがつくのではないだろうか。

 

 

しかしポジ語族とネガ語族では、その間に決定的な壁がある。

とくにネガ語族にとっては、ポジ語族の言語はだいぶトんでいる、と感じる。

具体的には、集団面接などでデキルヤツの受け答えを聞きながら「なんだコイツ、意識高い系ポジティブマシーンか?」と驚愕する。

会話が通じないような違和感を覚えるのだ。

 

しかし、彼らは機械などではなく、ポジ語族論理系就活語を流暢に使いこなしているにすぎないのである。

 

 

そう、就活語圏は「ポジ語族」に入る。

英語圏で日本語で話しても意志疎通が出来ないように、どんなに「ネガ語族」にとって完璧な文章をつくっても、就活では評価されないのである。

すなわちどんなに本音で、どんなにあけすけで、誠実で、真摯で、自分にとって切実な「本当の」叫びだったとしても、面接官には通じない、ということだ。

 

 

 

そして「ネガ語族」の人間が就活で勝つためには「ポジ語族」の言語を学ぶ必要がある。

「自分はネガ語族の住人だ」と思う就活生、Facebookのアカウントを今すぐ作れ!

 

勇気を出してみずから友達になるボタンを押し、ポジティブな投稿には積極的にいいね!を押し、自分の近況を写真とともに報告しポジティブな一言を添え、たいして仲良くない人にも誕生日の日にはコメントをつけてあげよう。

 

 

苦労しながらFacebook語圏に染まり、Facebookでそれなりに意志疎通ができるようになったとき。

君は就活でもそれなりにやっていくマインドが、身についているに違いない。