瞬間最大稚拙

うだつの上がらない人のための就職活動日誌

自己分析

「大学4年間で何もしてないよね?」と言われたので大学4年間を振り返る〜きっかけ編

大学4年間で何もしてないよね?と言われた 九月の半ば、一人暮らしをしている社会人の兄に呼び出された。「いっしょにご飯でも食べましょう」とのことだった。駅前でご飯を食べながら、少し話した。要約すると「就職活動はもうやめなさい」とのことだった。…

就活に翻弄されたある大学生の手記

現在の状況 内定…1つ(IT系) 選考中…2つ(広告系) 今後の予定…ある就職イベントに参加予定 内定をいただいた企業に「内々定を受けるか否か、6月の下旬まで待ってほしい」という旨を連絡した。採用担当者に何か言われるのではないかとひやひやしたが、ほぼ二つ…

母と住むのに向いていない

私の母はとてもきちんとした人である。料理洗濯といった家事もしているほうだと思うし、部屋も統一感があって比較的きれいだ。趣味は断捨理とDIYで、特にDIYのほうは100円ショップで木材や布を買ってちまちまと凝ったものを作っている。手を動かすのが好きで…

二次面接が通らない(替え歌)

(エアーマンが倒せないの歌に乗せて) 何回やっても 何回やっても 二次面接通らないよ 志望動機が何回やっても話せない 就活の軸を 話してみても 深掘りされて黙りこむ 「御社で成長!」も ためしてみたけど ホワイト相手じゃ 意味がない だから次は絶対勝…

内々定をいただいて~対自己共感能力の話~

今日、内々定をいただいた。 少し喜んで、「ありがとうございます」と言い、そのあと、気持ちがスッと冷めていったのが分かった。 決して志望度が低い会社だったわけではない。 こういうとき、もっと喜ぶもんだろう普通、と自分にツッコミを入れながら、 「…

就活中なのに「99%の会社はいらない」読んだ

就活で一番大切なのはモチベーション管理 中だるんでいる - 瞬間最大稚拙 前回の記事でも書いたのですが、就活で一番大切なのはモチベーション管理です。あれ、この会社で本当にいいんだっけ? とかバカバカしい、やりたくないなあという感じだと面接では本…

ぜったいに就活楽しんでやるからな

「ぜったいに就活を楽しむ」。 この言葉がここ2,3日ずっと頭の中をめぐっている。

就活雑記

キャリアセンターに行って相談員の人とぽろぽろとお話をする。相談員の人いわく、「面接とは、企業へ愛を語ること」らしい。「私はこういう力を持っています、貴方にはこんな魅力があります。二人の力を合わせると、こんなに良い未来が待っています」という…

ハロー

今週のお題「自己紹介」 ずいぶん前にバカの壁という本を読んだ。その中でも印象的だった話は「情報は変わらない。変わるのは人間のほうだ」という話だった。たとえば桜が目の前にあったとき、ある瞬間までは咲き誇るそれを美しいと思っていても、ふとしたこ…

どいつもこいつも類人猿なんだ

類人猿分類診断というものをやってみました。どうぶつ占いの類人猿バージョンみたいなもので、診断に答えるとゴリラ、オランウータン、チンパンジー、ボノボの四つの類人猿タイプに分類されます。 yakan-hiko.com

温度の低い文章と未来の自分に媚を売ることについて

温度の低い文章が好きだ。

社会適応プロセスについて

NASAが先日、海が地表に存在する地球に似た惑星を発見した。 www.nikkei.com 水があるということは、生命体が存在する可能性があるということ。 39光年先のどこかに、私たちのような生き物がいるのかもしれない。 とてもわくわくするニュースだと思う。 私は…

不定型欲望

自分の本当の欲望がよく分からない。 他の人はどうやって自分の欲の形を定めているのか、気になっている。 夢想をすることがある。 たとえば自分が死ぬとき。 自分が死ぬならとりあえず100歳くらいまで生きて、鳥葬や宇宙葬で骨を処理してもらおう。樹木葬な…

湯山玲子が力をくれる

いつのまにか湯山玲子さんの著書や対談集を何冊か読んでいたのでここで感想を備忘録としてまとめたいと思います。 ◎文化系女子という生き方 Amazon CAPTCHA 評価…☆3 (感想) 私がはじめて読んだ湯山玲子さんの著作です。 大学1年生? くらいのころに読んだき…

こまかいガラスの話

小学校のころ、私はものを知らないこどもだった。 校庭の砂にまじっているこまかいガラスを集めて、ダイアモンドと呼んでいた。 あれがガラスだと知ったのは、いったいいつごろだろう。 「あぶないから触っちゃいけないよ」と言われた気もする。 そのころは…