読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞬間最大稚拙

エモーションレスというあり方もアリなはずなんだ

笑顔/ありがとう大好きピープルはコミュ力で殴りあう

www.youtube.com 小学校のときは天才てれびくんが大好きで、特にMTKが好きだった。私がちょっと古めの洋楽に中途半端に興味があるのはひとえにハッチポッチステーションとこの天才てれびくんのおかげだ。あ、あとジョジョの奇妙な冒険。これらがなければマド…

就活雑記

キャリアセンターに行って相談員の人とぽろぽろとお話をする。相談員の人いわく、「面接とは、企業へ愛を語ること」らしい。「私はこういう力を持っています、貴方にはこんな魅力があります。二人の力を合わせると、こんなに良い未来が待っています」という…

欲望をたきつけてほしくて本屋に行っている

何もすることがなくて退屈な日は、モテたくて本屋に行く。ただしモテると言っても、サブカル風の男性がナンパをしてくれるとかそういう話ではない。本屋に行ったら、本にモテるのだ。本屋に行ったら、多くの本たちが「私を買って、私を買って」と叫んでいる…

男の人って簡単にさみしいって言えなくて可哀相だなあって思う。いや、こういう考え方が男の人をさらに追い詰めているのかもしれない。さみしいって言って大丈夫ですよ。女の人の3人に2人くらいは「分かる」って言ってくれると思います。 消費のためだけに生…

温度の低い文章と未来の自分に媚を売ることについて

温度の低い文章が好きだ。 小川洋子さんや川端康成とかの小説は、私にとってちょうどいい温度。完璧に伝えようとすることは、相手に完璧な理解を要請することと同じなんだろう。謎は謎のままで良いときもある。完璧の、ちょっと下がちょうどいいと、糸井重里…

社会適応プロセスについて

NASAが先日、海が地表に存在する地球に似た惑星を発見した。 www.nikkei.com 水があるということは、生命体が存在する可能性があるということ。 39光年先のどこかに、私たちのような生き物がいるのかもしれない。 とてもわくわくするニュースだと思う。 私は…

未と否と無と不の触感のちがいについて(その1)

未と否と無と不は、どれも漢字の上について打消しの意味を持つ。 未定、否決、無職、不定、などなど。探せばいろいろある。 しかし同じ打消しでも、未と否と無と不では使ったとき、聞いたときの触感がちがう。 もちろん漢字にもともと備わっている意味のちが…

不定型欲望

自分の本当の欲望がよく分からない。 他の人はどうやって自分の欲の形を定めているのか、気になっている。 夢想をすることがある。 たとえば自分が死ぬとき。 自分が死ぬならとりあえず100歳くらいまで生きて、鳥葬や宇宙葬で骨を処理してもらおう。樹木葬な…

こまかいガラスの話

小学校のころ、私はものを知らないこどもだった。 校庭の砂にまじっているこまかいガラスを集めて、ダイアモンドと呼んでいた。 あれがガラスだと知ったのは、いったいいつごろだろう。 「あぶないから触っちゃいけないよ」と言われた気もする。 そのころは…

子宮がたり

「子宮感覚」ということばがあるらしい。 もっと複雑な定義があったり深みがあったりするのかも知れないけれど、 すごくざっくり言うと「女性クリエイターが女性ならではの感性で性や恋愛、生死をテーマにした秀逸な作品を作ったときに使われる褒めことば」…

自分にかける自撮りの魔法

憧れ半分、揶揄半分の気持ちで、自己顕示欲ずぶずぶの女の子ごっこをしてみよう。 SNSに自撮りをあげたり、かわいい言葉で自分を埋め尽くしてみたり、してみよう。 かたい言葉で言ってしまえば、現代技術を用いたセルフブランディング能力。 やわらかい頭で…