読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞬間最大稚拙

エモーションレスというあり方もアリなはずなんだ

就活中なのに「99%の会社はいらない」読んだ

就活で一番大切なのはモチベーション管理

中だるんでいる - 瞬間最大稚拙

前回の記事でも書いたのですが、就活で一番大切なのはモチベーション管理です。あれ、この会社で本当にいいんだっけ? とかバカバカしい、やりたくないなあという感じだと面接では本当にしんどいです。企業は新卒に熱意、中長期的な夢といったものを求めがちなので、本気でor熱中してその演出をやらないといけません。

今の日本を見てそれでも「夢を見ろ」というのがそもそもハードル高いです。それゆえ就職活動で大切なことは、自分に対しても御社に対しても日本社会に対しても楽観的にヌルイ評価を下すことかもしれません。ようするに盲目になったほうがよい。若者らしく現実を見ずに熱い夢を描こう。自分にも御社にもヌルく、でも夢は熱くという力加減がちょうどいい。

 

「99%の会社はいらない」

しかしうっかり就職活動のモチベーションが下がってしまいそうな本に手を出してしまった。ホリエモン「99%の会社はいらない」という本である。  やっちまった。就職活動で一番大変なのはモチベーションの管理なのに。痛恨のミス。モチベーションをガツガツ下げてくる。

「ある本の著者が『自分の仕事のノウハウがつまったこの本を出したら差別化出来なくなり、自分の仕事がなくなるのでは』と心配したが、結局そんなことにはならなかった。これはどんなに本を読んでいても結局実践しない人が多いのではないか」というような意味の文章がいちばん印象に残った。「ああ、私のことだ」と恥ずかしくなったからだ。

どんなに知識を頭に入れ込んでも、行動しなきゃ、実践しなきゃ、継続しなきゃ意味がない。そんな当たり前のことを改めて気づかされたというのがこの本における一番の収穫だった。

 

 リスク取りたくない

堀江氏はこう書いている。「リスクを取れ。バカをやろう」と。

言うよね~~~~~~という感じだ。堀江氏はほんとうに根っからの経営者なんだろう。経営やビジネスで一番大切なのは、リスクを取る力だと感じる。

リスク、こええよ。だってリスクを回避するように教育されてしまったんだもの。日本全体の国民性としてもリスク回避性が高いだろうし、たぶん地方に行けば行くほど、リスクを怖がる人は多くなる傾向にあると思う。日本の経済を活性化させたいなら、リスクをとる授業とかを義務教育でやったほういいんじゃないかと思うくらい。日々の生活の項目の、「協調性」とか「あいさつができる」とかの下に「リスク愛好」という項目をつくったりすれば。リスクを取れる人間が将来社会を回す側に回るなら、子どものうちからそこを褒めておこうよ。

今からでもリスクを取れる人間になるには、みたいな本が売ってたら、みんな買うのだろうか。きっと買っても実行しないんだろうなとすぐに想像がつくのは、本を買いあさる人間はリスク回避性が高いであろうことを知っているからだ。それは私のように。

中だるんでいる

さいきん就活していないのでマズイ

GWだ。就職活動も小休止、何もない優雅な毎日を過ごしている。こうしている間にもライバルたちに差をつけられているのだろうかと不安になることもあるが、そうは言ってもやっぱり休みはサイコーだ。しかし一方でこの状況は非常にマズイ、ということにも薄々気づいている。なぜなら就職活動において、この時期一番大切なことは、「歩みを止めない」ことだからだ。

 

なぜ歩みを止めるとマズイのか

一言でいえば「モチベーションが下がるから」である。

私たち就活生は日々ネットで就活、キャリアに関する情報に大量に触れている。はてブではキャリアやビジネスに関する記事はやっぱり人気だし、Vorkersや転職会議といった転職口コミサイトを見れば残業時間や会社の雰囲気はなんとなくわかる。2chみん就での学生同士の情報交換もさかんだ。

だからもう、なんとなく日本の会社(あるいは日本の社会)がどういう感じなのかある程度分かってしまうのだ。

内需が減少する中いくら生産しても買ってもらえない日本の企業の多くは売り上げが今後落ちていくこと、外需を求めて世界に出ても今までのやり方じゃ負けるということ、だからコスト削減のために少ない人間を長時間働かせるor賃金を低下させるだろうということ。

具体的にいえば、私たち若者はうまくどこかの企業に就職できたとしても今の50代、60代に比べたら生涯年収がだいぶ引き下げられてしまっていることも、そこからさらに将来もらえるか分からない年金や社会保障のために使われる税金が差し引かれることも、子どもを産み育てながらまっとうに暮らしていくだけのお金を稼いでいく仕組みが整っておらず、結局夫の長時間労働に依存するを得ないこと、転勤・異動は断ってはいけないこと、媚を売るのが大切ということ、各企業の企業文化に自分を合わせることが「圧倒的成長」の中身だということ、社内調整力という謎の力が評価される社会であるということ、エクセルは神だということ、その他もろもろである。そんな事実に思いをはせながらやる就活、やる気出る訳なくない?

だから就職活動では「足を止めないこと」、つまり「考えないこと」「この事実に気づいていないふりをすること」が大事なのだと思う。

 

就活とは「理不尽なニ択を迫られること」である

まだ私は社会に出ていない。だから自分の目でちゃんと社会を見たわけではない。しかし、ネットの情報から「日本社会」を再構成すると、こうなる。画期的なイノベーションを起こしでもしない限り沈みゆく船。しかも既得権益の層はあまりにも厚い。

「沈みゆく既得権益の船に乗って先人のおこぼれをもらう? それとも転覆可能性の高い船に乗って荒波にもまれながら一か八か風穴を開けることに挑戦する?」就職活動において、私たちはこういう決断を迫られる。前者を選べる人間は沈みゆく会社に媚を売り続け、会社で人生を消耗させることが出来る人間なのだろう。後者をためらいなく選べる人間はベンチャーとかに行くのだろう。各々それで良いと思うし、それで泳いで行けばいい。

しかし私はこう思うのである。なんでこんな理不尽なニ択迫られとんねん。と。RPGの職業選択の選択肢でなるべく強いキャラを選ぼうとすると「一生涯太鼓持ち」と「一生涯武道家」しかないイメージだ。ま、でもこれって就職活動というRPGの中で仕事人生を遊ぼうとしているからなんでしょうけどね。

 

 

ぜったいに就活楽しんでやるからな

「ぜったいに就活を楽しむ」。

この言葉がここ2,3日ずっと頭の中をめぐっている。

 

ぜったいに就活楽しんでやるからな

 

ぜったいに就活楽しんでやるからな

 

ぜったいに就活楽しんでやるからな!!!

 

はい笑

特に今まで落とされた会社さんに恨みはない(本当です)。ただ、一つ言わせてもらえると、その質問で本当に私が分かるのか!?(否!!)という気持ちはちょっとあったりする。例えば学生時代に力を入れたこと。私にとってガクチカ=「自分が4年間、時間はかなりあるが責任は伴わないというラッキースター状態を手に入れたとき、なにをしたのか」という質問、と考えている。

多くの人はこのラッキースター状態で「自分のやりたいこと」を選択するんだろうが、そうじゃない人もいるよな? ちなみに私は「大学生という立場は社会人じゃないから失敗しても多めに見てもらえるだろう。だから自分の苦手なことに挑戦して、たくさん失敗して、いっぱい学ぼう。4年後には結局社会の波にもまれることになるんだから、今のうちに苦行をいっぱいしておいて圧倒的に成長しよう」という考えのもと「コミュ障克服」を目的に色々挑戦してきた。ちなみにコミュ障は克服しなかった。

一般的なガクチカ

  1. こういう思いで
  2. こうした結果
  3. こういう風に変わり
  4. こういうことを学んだよ

というプロセスが重要になる。この構図を私に当てはめると

  1. きびしい社会の荒波に耐える力を身につけたいという思いで
  2. コミュ力が必要な部活やバイトを選択した結果
  3. あまりコミュ障克服できなくて
  4. そりゃ色々学んだけど!! コミュニケーションが苦手なことには変わりないよ!!

なんだこれ!!私(の良さ)が全然伝わらんな!!どうなっとんねん!!

という気持ちでいっぱい。たぶん面接で学生時代力を入れたことを話しているときの私は、あまりいきいきしていないと思う。ネガティブな理由で頑張ってて、プロセスも楽しい事ばかりじゃなくて、結果克服できてないっていう。「こいつ、ネガティブやな~」ってことしか分からなくない!? どうなってるの!?

というか、学生時代に頑張ったことがネガティブな思いがきっかけだったとしても、一生ネガティブな思いで働きつづけることなんて出来る訳なくない!?!? 大学時代頑張ってこれたのは「4年」という時間制限があったからだ。自分の人生を全うするなら楽しいことに全振りしたいよ!! 当たり前だろ!! 私の4年間がネガティブだからといって、自分の人生全部をつまらないものにさせてたまるか!!

他にも自分は「やりたいこと」と「できること」があまりにも遠かったり、過去の強烈な(でも面接官にはちょっと言いづらいよなあ~という類の)挫折体験・原体験がある。紆余曲折を経た結果の自分の経験や考え方があるんだから、紋切り型の質問の中じゃ矛盾が出たり「なんかよく分かんないなこいつ」ってなるのは当たり前だよ!!

……とまあ、いわゆる「フツ―」の就活じゃ、私の良さなんて分からん、という話をずっとしました笑。で、問題は「これからどうするの?」「どうやって就活を楽しくするの?」ってところだ。

 

考え中です。笑

 

大丈夫。オールオッケー。基本はこの二つでやっていこう。

①自分が「楽しそう!」と思える会社や採用方法をとってるところに楽しい方法で応募

②自分が「楽しい!」と思える方法で自分をPR

さらに出来たら

③楽しい就活に他人を巻き込んでみたいなあ

 

以上です!応援してくれる人がいると嬉しいです!

笑顔/ありがとう大好きピープルはコミュ力で殴りあう

www.youtube.com

小学校のときは天才てれびくんが大好きで、特にMTKが好きだった。私がちょっと古めの洋楽に中途半端に興味があるのはひとえにハッチポッチステーションとこの天才てれびくんのおかげだ。あ、あとジョジョの奇妙な冒険。これらがなければマドンナもマイケルジャクソンもたいして興味を抱かなかったであろう。思えば「恋はあせっちゃだめ」だとか「たくましく生きていくのよ私はマテリアルガール」だとかそういう言葉は自分の人生の指針となる考え方としてそれなりに刷り込まれているような気がする。テレビという一方通行のコミュニケーションとは言え、幼少期時代にそういうポジティブな言葉をかけてくれたことはとてもありがたいことだと思う。私が今までなんとか生きてこられたのも、元をたどればMTKのおかげなのかも。ありがとう、天てれ。ありがとう、NHK教育テレビ

先日、今の段階で第一志望の会社の面接を受けた。私ひとりのために1時間以上話す時間を設けてもらい、さらに自己分析のフィードバックももらえた。「あなたはどういうことをしている時楽しいのか、もう少し深掘りして相手に分かりやすく伝えられるようになるといいね」とのこと。成程。こういう時に即座に「人の笑顔を見るのが好き」「ありがとうと言ってもらえたときにやりがいを感じる」人間は強いと思う。きっと営業とかに向いているし、サービス精神旺盛な人柄がにじみ出ているから。「笑顔/ありがとう大好きピープル」はきっとどの会社でも必要とされる人間なのだろう。

いや、私だって笑顔が嫌いなわけじゃない。ありがとうと言われるのが嫌なわけでもない。むしろ好きだ。目の前の人が笑ってくれる、喜んでくれる、感謝してくれる。嬉しいに決まっている。他の人もきっとそうなのだろう。おそらく「笑顔/ありがとう大好きピープル」は就職市場においてもはや供給過多なのかもしれない。すなわち面接で「笑顔/ありがとうが好きです!」と言った途端、面接官にとって目の前の学生が他の学生とどう違うのか、差別化が困難になるということだ。

それでは大量に存在する「笑顔/ありがとう大好きピープル」を面接官はどのように区別し、優劣をつけるのか。おそらく面接官の意識は「笑顔/ありがとうが大好きって言ったけど、『本当に他人が笑顔/ありがとうって言わせることが出来んのかお前は?』」というフェーズに移行するだろう。あっ、知ってる。これはコミュ力だ。「笑顔/ありがとう大好きピープル」はコミュ力で殴りあうのだ。ひぃぃっ。それはまずい。コミュ力武闘会だ。私はその中では圧倒的敗北を喫するだろう。一回戦敗北だ。一次面接落ちだ。逃げろ。

すくなくとも面接においては「笑顔が好き」/「ありがとうと言われるのが好き」とは積極的には言わないようにしようと心に誓った。

就活雑記

キャリアセンターに行って相談員の人とぽろぽろとお話をする。相談員の人いわく、「面接とは、企業へ愛を語ること」らしい。「私はこういう力を持っています、貴方にはこんな魅力があります。二人の力を合わせると、こんなに良い未来が待っています」という論理的なプロポーズを相手は求めているのだ、と言う。私も自分を愛してくれる人と出会いたいなあと思う。あ、選ばれたい願望の噴出。愛するよりも愛されるほうが幸せなのか、心が狂うほどに恋い焦がれるほうが幸せなのか。ヘラヘラ笑いながら「そう言えば私ってモテないんだった」という事実を受け入れることからはじめるべきだろう。

「もしかして結構落ちてる?」「今踏ん張らないとどんどん枠がなくなるからね」と脅されて、苦笑いをしてしまう。当たり前の現実を突きつけられて傷ついたり焦ったりしている自分に気がついた。あれ、私って相談員の人に慰めてほしかったんだっけ。表情がくもったのを見逃さなかったのだろうか、相談員の人は「どんどん相談受けに来なよ」と言ってくれた。

就活のために買った本の数、10冊。役に立っているものもあれば、結局ほとんど開いていないものもあったりする。私は思っていたより不安に弱い、という自己分析。どこかから「もっと自分の頭で考えたら」という声が聞こえる。ボロボロの営業マンが営業のノウハウ本にハマるようなもんだ。ほんとうは、バリバリの営業マンの真似をすれば売れるのかもな。

思えば就活は私という商品をいかに買ってもらうかという営業に似ている。大卒の総合職ってだいたい20万くらい。ボーナス入れて、年に300万円前後のお買いもの。年に1回自動車買ってくれませんか、という契約。うん。難しい。なるほど、そりゃなかなか買ってくれない。なるほどは目上の人に使っちゃいけないって、さっき知ったよ。この前の面接のとき言いまくってたなあ。だから落ちたなんて、思いたくないなあ。

面接が終わったあと、突然人恋しくなるのはなぜなんだろう。もう二度とこの会社の扉をくぐることがなくなるかもしれないからだろうか。プロポーズが上手く行ったか行かないかでそわそわしているだけなのだろうか。っていうかせっかくプロポーズしたのに、断わるときはメールでってひどくないか。まあ世の中にはサイレントというものもあるのだろうから、来てくれるだけありがたいのか。

面接を通るためには、企業に心酔せよ。しかし自分を守るために、企業に心までは奪われるな。世間はダブ☆スタ。大学で学んだ日本企業が抱える課題は就活シーンになると鳴りをひそめる。口に出すのはたぶんタブーで、大学で学んだことを社会で活かしてやりたいなあという気持ちの置きどころがない。大学時代に身についたものは、反体制主義的思想か。大学の先生いわく、「もしも僕が今大学生だったら、絶対に日本企業には就職しません」。Oh。私たちの近くにいる最も頭のいい大人がそう言っている。大学教授は夢を描く仕事じゃなくて、過去と現実を分析する仕事、うう、彼の言葉が重い。

ハロー

今週のお題「自己紹介」

 

ずいぶん前にバカの壁という本を読んだ。その中でも印象的だった話は「情報は変わらない。変わるのは人間のほうだ」という話だった。たとえば桜が目の前にあったとき、ある瞬間までは咲き誇るそれを美しいと思っていても、ふとしたことがきっかけで散りゆくことが想起され悲しく見えてくる。これは桜という情報が変わったのではなく、それを感じる人間のほうが変化してしまったからだ……。そういう類の話だったように思う。

そして自己紹介とは「自分という人間を情報化するプロセス」のことだ。このプロセスは人間は変化するものであり、情報は不変である、というところで矛盾するように思われる。つまり、不変的な自己を語るたび、変わりゆく自分がこぼれおちるということだ。でも、じつはこぼれおちたほうの自分が、ほんとうの自分だったりするのかもしれない。ぽろぽろとこぼれ、床に転がっているそれが、ほんとうの私だ。

ハロー、私です。今床に転がっています。

どいつもこいつも類人猿なんだ

類人猿分類診断というものをやってみました。どうぶつ占いの類人猿バージョンみたいなもので、診断に答えるとゴリラ、オランウータン、チンパンジー、ボノボの四つの類人猿タイプに分類されます。

yakan-hiko.com

私は「職人気質のこだわり屋、オランウータン」でした。分岐年代から見ると類人猿で人間に一番近いのはチンパンジーとボノボだとされています。

 推定分岐年代は、人間・チンパンジーの系統とゴリラの系統の間で約2000万~831万年前、人間の系統とチンパンジーの系統の間で約1345万~678万年前、チンパンジーの系統とボノボの系統の間で約255万~145万年前。

人類とチンパンジーの分岐年代の見直し 雑記帳/ウェブリブログ

 あれ、この説明だとオランウータン書いてないじゃん、と思って調べてみたら、オランウータンはヒト・チンパンジー系統とゴリラ系統が分かれるさらに前に分岐したようです。つまり私は、ヒトからもっとも遠いヒトということなのでしょうか笑

遺伝子的に見るとヒトともっとも近い遺伝子を持つ類人猿はボノボのようです。ボノボはチンパンジーとよく比較されますね。遺伝子がとても近いのにコミュニケーションのあり方や社会行動は異なるということで有名です。おもな所だとチンパンジーは一夫多妻制をとり政治に長け攻撃的、ボノボは乱婚制をとり友好をしめす傾向にある、といったところでしょうか。

「人間の社会行動はボノボに似ているのか、それともチンパンジーに似ているのか」というテーマで書かれた本もあります。フリーセックスで平和的なボノボ、平気で残虐的なことができるチンパンジーという対比で描かれ、「そして人間はどちらの生物にも近い」のでしょう。

あなたはボノボ、それともチンパンジー? (朝日選書)

あなたはボノボ、それともチンパンジー? (朝日選書)

 

 

どいつもこいつもちょっと賢いだけの類人猿なんだ、という仮定は人間の心をいやしてくれます。空気を読むのがうまい類人猿、上下関係に敏感な類人猿、恋愛に翻弄される類人猿、他人に興味がない類人猿。

結局私たちは類人猿が服を着て社会生活を営んでいるにすぎない。過度に発達したテクノロジーの中で類人猿に承認欲求自己実現欲求といった欲求を持たせるのは、高下駄をはかせているようなものな気がしてきます。食欲、性欲、睡眠欲、支配欲、そして他者と仲良くしたいというボノボ欲求で、十分な気がする一日でした。