読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞬間最大稚拙

エモーションレスというあり方もアリなはずなんだ

子宮がたり

「子宮感覚」ということばがあるらしい。

 

もっと複雑な定義があったり深みがあったりするのかも知れないけれど、

すごくざっくり言うと「女性クリエイターが女性ならではの感性で性や恋愛、生死をテーマにした秀逸な作品を作ったときに使われる褒めことば」めたいな感じ。

 

小説家でいうと、瀬戸内寂聴さんは「子宮作家」と呼ばれているらしい。

蛇にピアス」の金原ひとみさん、椎名林檎さんも子宮感覚がすごそうな気がする。

あと小川洋子さんの「妊娠カレンダー」は子宮感覚と理性が調和したみごとな小説だったと思う。

 

 

子宮感覚。面白いことばだ。

 

子宮なんて、そもそもただの臓器にすぎない。ただの身体の一部だ。でも、ほかの臓器ではぜったいに置きかえられないパワーを感じる。

 

なぜだろう。

 

それは子宮という臓器が

「生や性という創作において(人生において?)大きなテーマをつかさどる」にもかかわらず、

「日常では語られることが少ない」臓器だからだろう。

 

 

ある日少女に生理がおこる原因であり、男性の精子が注がれる穴であり、女性が子を孕む場所である、子宮。

 

すごい。ちょっと考えただけで深遠なテーマだらけだ。

この臓器だけで小説が何本も書ける。とんでもない臓器だ。

失礼かもしれないが、たとえ男性が精巣の感覚を研ぎ澄ましたとしても、こんなテーマは出てこないんじゃないかと思う。

 

このように、子宮は女性クリエイターにとってすでに身体に内蔵されている優秀なアイデアボックスだ。

子宮を持つ女性クリエイターは自らの子宮感覚を研ぎ澄まさなければ損だろう。

 

 

ここで、創作という視点からいったん離れて、日常の視点から子宮について考えてみよう。

すくなくとも私は、日常生活において、自分の子宮を意識することはほぼない。

 

だってそもそも、自分からは見えない。男性器ならいざ知らず、見えないものをわざわざ意識したりしない。

普段から胃腸のことや肝臓のことを意識しないのといっしょだ。

つまり、ちょっと驚くくらい子宮感覚ゼロで生きている。

 

だいたい日常のなかで子宮感覚を研ぎ澄ませていたら、いつも性だの命だの愛だののことを考えなければいけないはめになる。

そんな毎日は、ちょっといやだ。そんな深遠なテーマをかかえて生きていたら、日々の仕事も家事も手につかなくなってしまいそうだ。

上手に生きるために、なるべくなら子宮のことは考えたくない。

 

 

こう考えるのは、私だけじゃなく他の女性も同じだと思う。

だから私たちは普段、本来女性はみんな持っている子宮感覚に、内在している深いテーマにふたをして、おいしいご飯を食べたりバラエティ番組を観たりしている。

むしゃあ。ごはんおいしい。テレビおもしろい。子宮なんてしらない。

 

このふたは、理性と言いかえてもいいのかもしれない。

子宮から発せられる本能的な狂気を、理性という名のふたでおしとどめている。

 

 

だが、ふと思う。

地球上の全女性の子宮感覚のふたがぽろりとはずれてしまったら、どうなるんだろう。

日々心身ともに安定した生活をするために、必死にふたをしてきた感覚が暴れはじめたら。

 

考えただけでおそろしい。あらゆるところで喜悲劇がおこって、人類は滅亡しそう。どこもかしこもむせかえるような甘いにおいがする。

子宮に支配される人生。収縮と弛緩をくりかえす子宮。排卵。ホルモンバランス。PMS。生理不順。血。愛と性と錯覚と愛液と緊急避妊薬!?

 

ああ、ふたをしなきゃ。あけちゃだめだよ。

 

 

桂歌丸 竹の水仙、お茶汲み、ねずみ

 

 

 一日家で落語をみていました。

みんな大好き桂歌丸さんの落語。

f:id:mokn106:20160907202721j:plain

 

こちら歌丸さんの最近の画像。

しょうじきこわい。怪談噺がとても似合う顔をしている。(ほめている)

長生きしてたくさん落語を語ってほしい。

 

 

 

www.youtube.com

 

竹の水仙。名職人で変わり者の左甚五郎が神奈川の宿屋ですったもんだする噺。

 

歌丸さんは語り口がほんとうにやさしいなあ。甚五郎は芸術家肌の偏屈、みたいに演じちゃいそうなんだけど、それでもどこかかわいげがあるのは歌丸さんのなせる技。

 

オチがわからなくて検索しちゃったのは内緒。またひとつ賢くなった。落語をみててたのしいことのひとつは、こういうちょっとした知識が増えること。

 

あと宿屋の奥さんがかわいい。歌丸さんのやる奥さんはほんとうにかわいい。きゅん。

歌丸さんの奥さんにきゅんとしたい方は厩火事もどうぞ。

歌丸 厩火事 - YouTube

 

 

www.youtube.com

廓噺!っていえるほどエロ成分は全くない。でも廓噺

 

「三日月女」「月食」……。いつの時代もモテないっていうのは辛いなあ。分かる、分かるぞ。「たとえ嘘の話を語られて、嘘の涙を流されたとしてもモテはモテだ」と言い切る男の哀愁というか心の広さというか、なかなかクるものがある。

 

あと、遊女のこういうふるまいが江戸っ子の心をくすぐったのか、ほうほう……という学びも得ることができた。(江戸っ子は嫉妬されたがり!)

 

今回見たみっつのなかではパンチは弱め。

 

www.youtube.com

 

名職人甚五郎がこんどは仙台を旅します。

スーパーハートフルほんわかアニマルコメディ。

 

スーパーハートフルほんわかアニマルコメディ……。

 

甚五郎による勧善懲悪物語っぽい面もある人情噺風味なお話。甚五郎のおとぼけ成分は少なめ。

 

個人的には歌丸さんの素が出るところが面白い笑

あと宿屋の主人があいかわらず上品。

 

そしてオチがキュン!てする。きゃん!かわいい!きゅー!

 

 

 

 

結論:歌丸さんの落語は

上品、ほんわか、きゅん!の三語で表せる

 

 

 

 

きゅん!

みんな歌丸さん見よう!

 

感想、揺らぐ世界

 

 

 

ブログ書いてたのに消えた…。泣
学んだ、思ったことをメモていどに。
 
〇素晴らしい主張をしている人でも間違った情報を言うことがある
〇市民革命の特徴
①政治側の分裂
②市民が集まることで、集まる(メディアの力?)
③明確かつ単純な目的を争点とすることで市民を団結させる(複雑だと意見が分かれる)
④革命達成後の新政府に注意⚠
……民主党による政権交代、現在の憲法改正反対も似てる?
キリスト教ユダヤ教イスラム教の神は同じ。違うのは重視する預言者、聖書
〇現在のパレスチナ人、イスラエルの情報をテレビで報道しないのだろうか
 
 

 

 

 

 

自分にかける自撮りの魔法

憧れ半分、揶揄半分の気持ちで、自己顕示欲ずぶずぶの女の子ごっこをしてみよう。

 
SNSに自撮りをあげたり、かわいい言葉で自分を埋め尽くしてみたり、してみよう。
 
かたい言葉で言ってしまえば、現代技術を用いたセルフブランディング能力。
やわらかい頭で考えれば、今を生きる若者だから出来る、自分のためだけに使える魔法だ。
 
たとえば、夜中にスマホのカメラアプリを起動する。
そして、ひたすらに自分を撮る、撮る、撮る。
具体的には100枚くらい。自分がかわいく写るまで、撮る。
 
どの角度なら自分のコンプレックスが目立たない?
どんな加工をすれば「イイ感じ」になる?
どんな表情が私を1番魅力的にしてくれるだろう?
この時間、自分は自分オタクになる。
 
そうしてたった1枚、自分でも納得、比較的「かわいい」っていえる写真が撮れる。
 
その瞬間だけ、私は自分のことを「客観的に(?)かわいい」と素直に認めることが出来る。
鏡ではなく、写真。自分でありながら、自分を離れた一つの顔が、加工しまくりであれ角度つけすぎであれ、過程はどうあれ、それなりにかわいいのである。
 
「自分で自分のことをかわいい」と言えるの自己肯定感、これは自分が常に渇望していたものであり、それを手に入れることができる唯一の手段が、(今のところは)自撮りなのだ。
 
今夜も自分に自信がない女の子が、スマホとカメラアプリという魔法道具を使って、自分に「カワイイ」の魔法をかけている。
 
ほかにも少し考えてみれば、色んな魔法が使える。
頭と技術を使えば、よりよい自分を仮想空間に作れる時代が来たようだ。
 
さあ、あなたも魔法使いに。