瞬間最大稚拙

うだつの上がらない人のための就職活動日誌

「良き社会人像」

 

 社会と人ってどうなっているのだろうか〜供給編

yuiga-k.hatenablog.com

 

「社会とは」「人とは」ということをもやもや考えながら経済学部の学部生としてネットサーフィンをして過ごしている。そしてこの記事を読んだ瞬間、「あ、これかもしれない」と感動したのを覚えている。社会全体の利をとらえながらも考え方はシンプルで、全体最適という感じが好きだ。もちろん産業自体の成長率の違いとか、人員の需要と供給の話に一切触れていないだとか、突っ込むところはあるけれど。少なくとも私はこの記事を通して、自分が就職する意味や社会に出て働く意味が少し見えてきたように思う。みなさんぜひ読んでみてほしい。

 

f:id:mokn106:20170927071945p:plain

記事の中の表をお借りした。この表は産業別の一人当たりGDP(=生産性)が高い順に上から並べたものだ。これに示されている生産性の高い産業4つの産業(不動産、インフラ、金融・保険、情報通信業)には共通する特徴がある。

 

ヒト以外にいかに稼がせるか

会社の経営資源は「ヒト、モノ、カネ、情報」であると言われている。そして生産性の高い産業ほど、ヒト以外の経営資源がうまく利益を稼ぐ仕組みが出来上がっている。人が自分の力で畑を耕すよりも、機械が耕した方が効率的。生産性という側面から見れば人をたくさん使うサービス業よりも設備がたくさん働いてくれる製造業の方がいい、というある意味当たり前のことがきちんと数字として現れている。

 

①インフラ、ストック型(モノが稼ぐ)ビジネス

→インフラ、情報通信

これらの特徴は「みんなの生活必需品」かつ「機械やテクノロジーが売上の多くを持ってきてくれる」ところにある。電力会社はタービンや発電機が人の代わりに電気を作ってくれるし、NTT等通信を担う会社は通信設備や電波塔が稼いでくれる。モノは文句も言わず24時間働いてくれる、優秀な経営資源だ。インフラを担う会社が福利厚生の整ったホワイト企業であることが多いのは、常時の際には多くの人が働かなくても十分に稼げる設備と技術がすでに整っているからだ。

レバレッジが効く(カネが稼ぐ)ビジネス

→不動産、金融・保険

レバレッジとはてこのことだ。てこの原理を使うと小さな力で重いものを動かしたりできることから、少ない労力で多くのお金を稼げることを「レバレッジが効く」という言い方をする。例えばある人の年収が200万円から400万円に上がるときと、400万円から800万円に上がるときでは、一般的には後者の方が大変だし、時間もかかる。けれど株式投資や不動産投資など投資の場面では、投資する金額の額を変えるだけで、二倍三倍のお金を同じ労力で稼ぐことができる。

 

このように、一般的にはヒト以外の経営資源をうまく利用している産業ほど、生産性が高くなっている。反対に「ヒトが資本」であるサービス業は、マニュアル化やルールの徹底によって属人的な業務を排して効率性を保ち、人事施策等でモチベーションを管理することによってヒトをよく働かせようとする。だが「ヒト」は感情があるから文句も言うし、体調も日によって違う。「モノやカネ」に比べるとマネジメントコストもかかるし、不確実性が大きい経営資源だ。だからサービス業は、不動産業やインフラ等に比べると生産性が低くなる傾向にある。

 

f:id:mokn106:20170408172854j:plain

人のモチベーションを上げている例

社会と人ってどうなっているのだろうか〜需要はサービス業に流れる

先ほどまでの話はいかに効率よく(ヒト以外の力を使って)お金を稼ぐか、という供給側の話だ。しかしどんなに効率よくお金を稼ぐ仕組みが整っていても、お金を払ってくれる消費者(こちらもまた人だ)がいなければビジネスとして成り立たない。取引は需要と供給の二つが噛み合って初めて発生するからだ。そして需要というのは往往にして「人の気分」によるところが大きい。効率も生産性も関係ない。

たとえば、若い人たちの流行りに限って言えば、今の気分は「インスタ映え」だろうか。産業でいうとエンターテインメント産業に入るだろう。若者の「インスタ映えしたい」という思いを叶えるビジネスは、大量の設備投資やレバレッジを効かせることによって効率化をはかる、という方向性に傾きづらい。むしろその瞬間を切り取って素晴らしいものに見せる一回性の演出や、一人一人の感性に合わせた個別対応が求められる。業態としてはサービス業に近くなるだろう。若者のインスタ映えに限らず、人々の需要は「画一的なもの、効率的なもの、みんな持っているもの」ではなく「人と違うもの、一回だけのもの、私らしいもの」に流れていっている。そしてそれらの需要は、機械やお金という経営資源だけで満たすことが難しい。ヒトが顧客一人一人の要望を聴きながら、個別対応をすることによって、お金を稼がなければならないのだ。

 

人々の需要とそれに伴う産業別の労働人口の割合(=ヒトの供給の割合)は、経済成長とともに第一次産業である農業から第二次産業である製造業へ、そして製造業から第三次産業であるサービス業へと移っていく。これは世界共通の流れだ。そして人の欲望に思いをはせれば、このように需要が流れていくのも納得がいく。食べ物にありつくのにやっとな生活なら、人々は腹を満たすために食べ物を、すなわち第一次産業を求めるだろう(生理的欲求)。食が満たされたなら衣服を、その次は家を求め、安全な暮らしを守るための警察や、安価で病院に行くための社会保障を求めていく(安全欲求)。そしてコミュニティーを家族や地域、そして会社に求め(社会的欲求)、それらが満たされたらもっとみんなに自慢できる車を電化製品を、という風に第二次産業を求める方向にシフトする(尊厳欲求)。そしてみんなが車を持ち、電化製品を持ち、モノでは尊厳を差別化出来なくなったとき、人々の需要は「コト」、すなわち一回性や個別対応が重視される第三次産業へと移行する。

 

f:id:mokn106:20170927101610g:plain

http://www.motivation-up.com/motivation/maslow.htmlからお借りしました。みんな大好きマズロー…)

 

経営資源としてのヒト=消費者としての人

ビジネスというフィールドの中で、人は二つの役割をもつ。一つは供給側、経営資源としてお金を稼いでくる「ヒト」、そしてもう一つは需要側、消費者としてお金を払ってくれる「人」。そこで見落としがちなのが、私たち人一人が持てるカラダの数は一つだけ、ということだ。私たちの体は一つしかないし、脳も一つしかない。気質だって基本的には一つだろう。しかし多くの人たちは一人二役を演じる責務を負っている。出社するとともに経営資源としてのヒトという役割を演じ、「売上の創出と効率化」をミッションに1日8時間以上働く。退社後や休みの日には消費者としての人を演じ、各々の欲望に基づいて時間やお金を消費している。

消費者としての人の振る舞い方に正解はない。みんな各々の「気分」があり、各々の勝手気ままな目的がある。そしてその欲望を満たすために行動する。100人いれば100通りの気分があり、目的がある。誰の気分が正しい(良い)気分で誰の気分が間違っている(悪い)というものではない。貴賎もない。一方経営資源としてのヒトの振る舞い方には、ある程度正解が存在する。なぜならヒトは「売上の創出と効率化」という明確な目的で会社から購入された経営資源からだ。なるべく売上を多くあげよう、なるべく効率をあげようと努力をすると、人の振る舞いはどれも似たようなものになるし、経営資源としてのヒトにとってはその振る舞い方が正解(=一番売上をあげられるor効率的)になる。

 

そうはいっても私はまだ正社員として働いたことないのであまりおおきいことは言えない…。いわゆる「良き社会人として振る舞うとは」という問いの答えを学生にも分かりやすく説明してくれるブログがはてなにはたくさんあると思う。現実は自分の目で確かめてみないと、とも思いつつ。

fnoithunder.hatenablog.com

 

syakkin-dama.hatenablog.com

「良き社会人として振る舞う」とは、経済的には合理的経済主体として無謬であること、組織的には会社という部族の文化と風習を尊重すること、ということで今のところ落ち着いている(私の中では)。

 

朝早く出社して一日8時間×5日働き、身なりを綺麗にして、組織にあるルールに従いつつもその範囲の中で主体的に仕事を行って成果を上げ、会社にとって不利益になりそうなリスクは全力で避け、時に多少の無理は承知で人をまとめ上げ、会社のミッションには共感を示し、明文化されていないコミュニケーションのルールに目を光らせ、相手の顔を立てつつお伺いを立てる。

 

私が想像する「良き社会人の振る舞い」のイメージだ。

そして思うのは、人にこれ以上「良き社会人」として振る舞うことを求めるのはもう限界なのではないかということである。一人一人の多様な気質と人生に対して、経営資源としてのヒトにとって最適な振る舞い、「良き社会人」として求められる振る舞いを無理やり当てはめようとするのはもうそろそろ無理があるような気がする。

なぜ私は就職するのか〜「良き社会人」の多様性のなさ

昨今話題の働き方改革や多様な働き方の推進とは、先ほど言った「良き社会人の振る舞い」の枠から時間だけ取り出して解放しよう、という取り組みだ。もちろんそれは素晴らしいことだと思うし、どんどん推進して欲しい。しかしその本質は未だ「(本当は良き社会人として一日8時間以上働いて欲しいけれど)一日○時間でも成果をきちんと出してくれれば大丈夫!」という例外措置的な対応にとどまっているように思う。それは本当の意味で「多様な働き方を認める」ことになっているのだろうか。

そして「良き社会人像」が縛るのは、時間だけではない。コミュニケーションや場所、行動、価値観をも拘束している。このような「良き社会人像」のハードルを少しでも低くし、みんなが本当の意味で(例外措置として処理するのではなく)時間、コミュニケーション、場所、行動、価値観の多様性を認めながら成果を出せるような社会を作りたいなあ、そのために働きたいなあと思ったりする。

就職したい

そうはいっても社会ではきちんと成果を出していない人の話なんて聞いてもらえないし、面接で「良き社会人になりそうなやつ」だと思われないと就職ができないので頑張るぞの気持ちを強く持とうと思う。

「大学4年間で何もしてないよね?」と言われたので大学4年間を振り返る〜きっかけ編

大学4年間で何もしてないよね?と言われた

f:id:mokn106:20170507224557j:plain

九月の半ば、一人暮らしをしている社会人の兄に呼び出された。「いっしょにご飯でも食べましょう」とのことだった。駅前でご飯を食べながら、少し話した。要約すると「就職活動はもうやめなさい」とのことだった。

「あなたは大学4年間で何も頑張ってこなかった。資格も取ってこなかったし、学部の勉強を頑張るわけでもなかった。周りの人たちはコミュニケーション能力があったり、器用さがあったりしたから内定を取れたんだ。でもあなた(あるいは僕たち家族)はそうじゃない。不器用だし、嘘もつけない。だからあなたは本来4年間、何かを本気で頑張っていかなければならなかったんだ。そうしないと、不器用な君には内定は取れないんだ。だから僕は言ったでしょう、『資格は取らなくていいの? TOEICは?』と。だけどあなたは聞かなかったでしょう。それで一体何をしてた? 

過去はもう変えられない。だけど、今からでも努力することはできる。公務員なり士業なり、勉強しながら就職を目指せる職があなたには向いていると思う。だからもう、結果の出ない就職活動はやめなさい。コツコツ勉強して、自分の向いている土俵で頑張りなさい」

内定が得られずフラフラしている私が心配なのだろう。心配させて申し訳ないという罪悪感を抱える一方で、自分の人生なのにどこか他人事のような、変な気分がする。そういえば恋人から「いつもどこか危なっかしい」と言われていたのを思い出す。「人生どうにかなる」と楽天的に考えているつもりでいるのが、行き当たりばったりでふわふわしているように見えるらしい。心配が身にしみていないのに気づかれたか、兄に「家族も心配していますよ」と釘をさすように言われた。

 

何もしていなかった、わけではない

「なるほどなあ、私の大学4年間は客観的に見て、何にもしていないで遊んでいたように見えているのか」という驚きが、正直な感想だ。 というのも、大学時代は自分なりに目標を定めて、その目標に向かってしっかり頑張ってきたという自信はあったから。小中高大と自分の人生を分けたときに、大学時代が一番努力したし、考えの幅も広くなったという自負があったから。

くやしいとは思わない。たしかに私が4年間を費やして得たものは、きちんとした成果物や数字として現れるものではないし、万人に理解されるものでもない。そして何より、もともと持っている人にとっては、それを持っているのが当たり前のものだから。しかし、私はその当たり前に向かって手を伸ばし、その過程の中でさまざまな知識を得て、考え、喜びを知り、学んできた。だからこの4年間は、必ずこれからの自分の人生の糧になる。決して無駄にはならないと信じている。

そんな私の大学時代の頑張りをなかったことにしないため、そしてこれからの自分の糧にするためにも、きちんと自分の4年間を文章で残す必要があると思った。

 

大学時代やったこ

私が頑張ってきたことを一言で言うと、社会適応だ。大学時代、私の問題意識は「人は何を、どのように考えているのか」「人の感情は/考えは、どのように動き、変化するか」「人を動かすにはどうすればいいか」「他者に私の考えを理解してもらうには」「組織はどのように回るのか」「社会はどのような動きをするのか」などに向いていた。そのような問題意識の根底には「大学を卒業したらなんとかして己を社会に溶け込ませなければならない。溶け込まなければ死んでしまうかもしれない」という危機感があった。大学入学前に立てた目標は「4年かけて社会に適応する人間になり、まともな社会人として生計を立てられる人間になる」。そのためには4年間、失敗も恥も厭わない。本気でそう考えていた。

「社会に適応するとはどういうことかきちんと定義できていたのか」「この目標設定そのものが自分の思いと矛盾しているのではないか」を精査していなかった、という点で大きな反省は残るものの、何はともあれ自分なりに目標を立て、課題をとらえ、実践の中で社会適応のための改善をおこなってきた(つもりだ)。もっとも、もともとの性質である空想癖や知識の収集癖が働いて、本来の目的とは違う知識や経験を積んだことも多いが…。

 

大学時代にやったこと一覧

部活

落語研究会での活動

勉強

 ・日本経済史の勉強

・経営組織の勉強

マーケティングの勉強

研究室

・研究室合宿の企画、運営

・研究室主催イベントの広報

・企業へのインタビュー調査

アルバイト

・レストランのホールのアルバイト

 ・訪問営業

就職活動

・自己分析

・企業分析、面接練習

インターンシップ

その他プライベートなど

・原付免許取得

・恋人とのお付き合い

・アーティスト写真集の撮影・編集

・宗教の勉強

 

反省とこれから努力すること

あけすけに言ってしまうと、私の大学4年間の生活は、目標設定から間違っていた。私は全く見当違いの努力をしていたのだ。このことに気づいたきっかけは、皮肉にも「社会に適応した証」として最も象徴的である「内定」を、ある会社からいただいたことだった。その会社の会社見学に行った私が見たのは「社会に適応したかっこいい社会人」というより、「本音では嫌い合っているのに表面上だけ仲良くする集団独特のノリ」だった。しかもそのノリは、私が追い求め続けた「社会に適応したかっこいい社会人」になるのに必須のスキルだったのだ。

衝撃だった。私がなりたかったのはこれだったのか。一生こうしていたいのか。私はいったい何になりたかったのか。なんのために努力してきたのか。いったい何が欲しかったのか。いろいろなことを自分に問い直す必要があった。

そして今、また自分はどうなりたいのか、自分に問いかける必要があるのだと思う。

就活に翻弄されたある大学生の手記

現在の状況

内定…1つ(IT系)

選考中…2つ(広告系)

今後の予定…ある就職イベントに参加予定

 

内定をいただいた企業に「内々定を受けるか否か、6月の下旬まで待ってほしい」という旨を連絡した。採用担当者に何か言われるのではないかとひやひやしたが、ほぼ二つ返事で快諾していただいた。優しい会社でよかった、そう胸をなでおろす。もしかしたらこの会社に入るのかもしれない、というかたぶん入りそうな気がする。

そう、よほどのどんでん返しがない限りは。そして私は、そのどんでん返しを心のどこかで期待している。

続きを読む

母と住むのに向いていない

私の母はとてもきちんとした人である。料理洗濯といった家事もしているほうだと思うし、部屋も統一感があって比較的きれいだ。趣味は断捨理とDIYで、特にDIYのほうは100円ショップで木材や布を買ってちまちまと凝ったものを作っている。手を動かすのが好きで、生理整頓されている状態が好きなのだろう。

続きを読む

6/6

バスタ新宿4Fの待合室はいつも人が多い。まわりを見回してみると、思っていたよりもずっと幅広い年代の人が夜行バスを利用していることに驚く。6,70代の小綺麗なおばあちゃまが待合室にいると、大変だなあと思う。バスの揺れは老体には堪えるのではないか、と失礼なことを考える。

続きを読む

人生のやりたいことリスト100

大きいことも小さいことも。

 

続きを読む

5/17第一志望の会社に落ちた

第一志望の御社からお祈りメールをいただいた。面接をする中で「あ、たぶん落ちるな」と思ったのでそんなに失望感はない。落ちるべくして落ちたと思う。

しかし、自分が納得して入社できる会社をまた一から探さなきゃならないのか、と思うと少し気が滅入る。少し休みたいというのが正直な気持ちだ。
友人達は皆それぞれ第一志望の会社の面接に順調にコマを進めているらしい。みんな判を押したように名だたるホワイト企業。領収書を出せば交通費が出て、飲み会も奢ってもらえるようだ。お金とネームバリュー関しては、羨ましい。ただそれだけだ。
いつになったら「就活をやりきった」と胸をはって言えるのか。たぶんそれは心の底から自分の入りたい企業から内定をもらえたとき、それだけだ。道のりは遠く感じるので、今日くらいはゆっくり寝ようと思う。