読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞬間最大稚拙

エモーションレスというあり方もアリなはずなんだ

笑顔/ありがとう大好きピープルはコミュ力で殴りあう

www.youtube.com

小学校のときは天才てれびくんが大好きで、特にMTKが好きだった。私がちょっと古めの洋楽に中途半端に興味があるのはひとえにハッチポッチステーションとこの天才てれびくんのおかげだ。あ、あとジョジョの奇妙な冒険。これらがなければマドンナもマイケルジャクソンもたいして興味を抱かなかったであろう。思えば「恋はあせっちゃだめ」だとか「たくましく生きていくのよ私はマテリアルガール」だとかそういう言葉は自分の人生の指針となる考え方としてそれなりに刷り込まれているような気がする。テレビという一方通行のコミュニケーションとは言え、幼少期時代にそういうポジティブな言葉をかけてくれたことはとてもありがたいことだと思う。私が今までなんとか生きてこられたのも、元をたどればMTKのおかげなのかも。ありがとう、天てれ。ありがとう、NHK教育テレビ

先日、今の段階で第一志望の会社の面接を受けた。私ひとりのために1時間以上話す時間を設けてもらい、さらに自己分析のフィードバックももらえた。「あなたはどういうことをしている時楽しいのか、もう少し深掘りして相手に分かりやすく伝えられるようになるといいね」とのこと。成程。こういう時に即座に「人の笑顔を見るのが好き」「ありがとうと言ってもらえたときにやりがいを感じる」人間は強いと思う。きっと営業とかに向いているし、サービス精神旺盛な人柄がにじみ出ているから。「笑顔/ありがとう大好きピープル」はきっとどの会社でも必要とされる人間なのだろう。

いや、私だって笑顔が嫌いなわけじゃない。ありがとうと言われるのが嫌なわけでもない。むしろ好きだ。目の前の人が笑ってくれる、喜んでくれる、感謝してくれる。嬉しいに決まっている。他の人もきっとそうなのだろう。おそらく「笑顔/ありがとう大好きピープル」は就職市場においてもはや供給過多なのかもしれない。すなわち面接で「笑顔/ありがとうが好きです!」と言った途端、面接官にとって目の前の学生が他の学生とどう違うのか、差別化が困難になるということだ。

それでは大量に存在する「笑顔/ありがとう大好きピープル」を面接官はどのように区別し、優劣をつけるのか。おそらく面接官の意識は「笑顔/ありがとうが大好きって言ったけど、『本当に他人が笑顔/ありがとうって言わせることが出来んのかお前は?』」というフェーズに移行するだろう。あっ、知ってる。これはコミュ力だ。「笑顔/ありがとう大好きピープル」はコミュ力で殴りあうのだ。ひぃぃっ。それはまずい。コミュ力武闘会だ。私はその中では圧倒的敗北を喫するだろう。一回戦敗北だ。一次面接落ちだ。逃げろ。

すくなくとも面接においては「笑顔が好き」/「ありがとうと言われるのが好き」とは積極的には言わないようにしようと心に誓った。

就活雑記

キャリアセンターに行って相談員の人とぽろぽろとお話をする。相談員の人いわく、「面接とは、企業へ愛を語ること」らしい。「私はこういう力を持っています、貴方にはこんな魅力があります。二人の力を合わせると、こんなに良い未来が待っています」という論理的なプロポーズを相手は求めているのだ、と言う。私も自分を愛してくれる人と出会いたいなあと思う。あ、選ばれたい願望の噴出。愛するよりも愛されるほうが幸せなのか、心が狂うほどに恋い焦がれるほうが幸せなのか。ヘラヘラ笑いながら「そう言えば私ってモテないんだった」という事実を受け入れることからはじめるべきだろう。

「もしかして結構落ちてる?」「今踏ん張らないとどんどん枠がなくなるからね」と脅されて、苦笑いをしてしまう。当たり前の現実を突きつけられて傷ついたり焦ったりしている自分に気がついた。あれ、私って相談員の人に慰めてほしかったんだっけ。表情がくもったのを見逃さなかったのだろうか、相談員の人は「どんどん相談受けに来なよ」と言ってくれた。

就活のために買った本の数、10冊。役に立っているものもあれば、結局ほとんど開いていないものもあったりする。私は思っていたより不安に弱い、という自己分析。どこかから「もっと自分の頭で考えたら」という声が聞こえる。ボロボロの営業マンが営業のノウハウ本にハマるようなもんだ。ほんとうは、バリバリの営業マンの真似をすれば売れるのかもな。

思えば就活は私という商品をいかに買ってもらうかという営業に似ている。大卒の総合職ってだいたい20万くらい。ボーナス入れて、年に300万円前後のお買いもの。年に1回自動車買ってくれませんか、という契約。うん。難しい。なるほど、そりゃなかなか買ってくれない。なるほどは目上の人に使っちゃいけないって、さっき知ったよ。この前の面接のとき言いまくってたなあ。だから落ちたなんて、思いたくないなあ。

面接が終わったあと、突然人恋しくなるのはなぜなんだろう。もう二度とこの会社の扉をくぐることがなくなるかもしれないからだろうか。プロポーズが上手く行ったか行かないかでそわそわしているだけなのだろうか。っていうかせっかくプロポーズしたのに、断わるときはメールでってひどくないか。まあ世の中にはサイレントというものもあるのだろうから、来てくれるだけありがたいのか。

面接を通るためには、企業に心酔せよ。しかし自分を守るために、企業に心までは奪われるな。世間はダブ☆スタ。大学で学んだ日本企業が抱える課題は就活シーンになると鳴りをひそめる。口に出すのはたぶんタブーで、大学で学んだことを社会で活かしてやりたいなあという気持ちの置きどころがない。大学時代に身についたものは、反体制主義的思想か。大学の先生いわく、「もしも僕が今大学生だったら、絶対に日本企業には就職しません」。Oh。私たちの近くにいる最も頭のいい大人がそう言っている。大学教授は夢を描く仕事じゃなくて、過去と現実を分析する仕事、うう、彼の言葉が重い。

ハロー

今週のお題「自己紹介」

 

ずいぶん前にバカの壁という本を読んだ。その中でも印象的だった話は「情報は変わらない。変わるのは人間のほうだ」という話だった。たとえば桜が目の前にあったとき、ある瞬間までは咲き誇るそれを美しいと思っていても、ふとしたことがきっかけで散りゆくことが想起され悲しく見えてくる。これは桜という情報が変わったのではなく、それを感じる人間のほうが変化してしまったからだ……。そういう類の話だったように思う。

そして自己紹介とは「自分という人間を情報化するプロセス」のことだ。このプロセスは人間は変化するものであり、情報は不変である、というところで矛盾するように思われる。つまり、不変的な自己を語るたび、変わりゆく自分がこぼれおちるということだ。でも、じつはこぼれおちたほうの自分が、ほんとうの自分だったりするのかもしれない。ぽろぽろとこぼれ、床に転がっているそれが、ほんとうの私だ。

ハロー、私です。今床に転がっています。

どいつもこいつも類人猿なんだ

類人猿分類診断というものをやってみました。どうぶつ占いの類人猿バージョンみたいなもので、診断に答えるとゴリラ、オランウータン、チンパンジー、ボノボの四つの類人猿タイプに分類されます。

yakan-hiko.com

私は「職人気質のこだわり屋、オランウータン」でした。分岐年代から見ると類人猿で人間に一番近いのはチンパンジーとボノボだとされています。

 推定分岐年代は、人間・チンパンジーの系統とゴリラの系統の間で約2000万~831万年前、人間の系統とチンパンジーの系統の間で約1345万~678万年前、チンパンジーの系統とボノボの系統の間で約255万~145万年前。

人類とチンパンジーの分岐年代の見直し 雑記帳/ウェブリブログ

 あれ、この説明だとオランウータン書いてないじゃん、と思って調べてみたら、オランウータンはヒト・チンパンジー系統とゴリラ系統が分かれるさらに前に分岐したようです。つまり私は、ヒトからもっとも遠いヒトということなのでしょうか笑

遺伝子的に見るとヒトともっとも近い遺伝子を持つ類人猿はボノボのようです。ボノボはチンパンジーとよく比較されますね。遺伝子がとても近いのにコミュニケーションのあり方や社会行動は異なるということで有名です。おもな所だとチンパンジーは一夫多妻制をとり政治に長け攻撃的、ボノボは乱婚制をとり友好をしめす傾向にある、といったところでしょうか。

「人間の社会行動はボノボに似ているのか、それともチンパンジーに似ているのか」というテーマで書かれた本もあります。フリーセックスで平和的なボノボ、平気で残虐的なことができるチンパンジーという対比で描かれ、「そして人間はどちらの生物にも近い」のでしょう。

あなたはボノボ、それともチンパンジー? (朝日選書)

あなたはボノボ、それともチンパンジー? (朝日選書)

 

 

どいつもこいつもちょっと賢いだけの類人猿なんだ、という仮定は人間の心をいやしてくれます。空気を読むのがうまい類人猿、上下関係に敏感な類人猿、恋愛に翻弄される類人猿、他人に興味がない類人猿。

結局私たちは類人猿が服を着て社会生活を営んでいるにすぎない。過度に発達したテクノロジーの中で類人猿に承認欲求自己実現欲求といった欲求を持たせるのは、高下駄をはかせているようなものな気がしてきます。食欲、性欲、睡眠欲、支配欲、そして他者と仲良くしたいというボノボ欲求で、十分な気がする一日でした。

 

 

欲望をたきつけてほしくて本屋に行っている

何もすることがなくて退屈な日は、モテたくて本屋に行く。ただしモテると言っても、サブカル風の男性がナンパをしてくれるとかそういう話ではない。本屋に行ったら、本にモテるのだ。本屋に行ったら、多くの本たちが「私を買って、私を買って」と叫んでいるのである。あるものは凝ったデザインを施され、あるものは不安をあおるようなタイトルを身にまといながら。それらの本たちが言いたいことはただ一つ、「私に注目して、手にとって、そしてお金を払って」である。

書店は売春宿のようなもの、展覧会は乱婚パーティーのようなもの、文化とは破廉恥きわまりない無節操なもの…

 

暮らしの哲学―やったら楽しい101題 (ヴィレッジブックス N ト 1-1)

暮らしの哲学―やったら楽しい101題 (ヴィレッジブックス N ト 1-1)

 

 

私はこの言葉が大好きだ。本たちがあの手この手で私の関心を引こうとする状況は、楽しい。ついでに、彼女たちはみんな私に良い情報をもたらしてくれる。新しい気づきを与えてくれる。

私は本たちの熱烈なアピールを身に受けながら、欲望のままに本に触れる。「こっちは表紙がかわいいねえ」「なんだか勉強になることが書いてありそうだなあ」「お、好きな作家の本が平積みされている」そんなことを思いながら、気まぐれに。女性を値踏みする悪いおじさんのように。それはもう下品に。

立ち読みしていたら内容がいい感じだったので、買おうと思って手元にキープしていた本。しかし別の雑誌に興味がうつった瞬間、「これは買わなくていいかな」という気持ちが芽生える。キープしていた本を元の本棚に戻す。罪悪感なんて湧かないけれど、もしかしてこれって、人間に例えると大分タチの悪いことしてる?

本屋に行くと、元気になる。それは本屋の中をうろつくのはそれなりに運動になるからかもしれないし、新しい情報のシャワーを浴びて脳が刺激されるからかもしれない。でも一番の理由は、あの空間に入ると自分の欲望がなんとなく増幅するから、な気がする。英語の参考書が目に入れば「もっと勉強しなきゃ」、ファッション誌を手に取れば「もっとおしゃれにならなきゃ」、ミニマリストの本を読んで「もっと良い生活をしなきゃ」という欲望を与えてくれる。これが生きる活力ってやつなのか。いや、生きる活力なんてカッコつけちゃいけない。きっとちやほやされて舞い上がってるだけのほうが正しい。

 

男の人って簡単にさみしいって言えなくて可哀相だなあって思う。いや、こういう考え方が男の人をさらに追い詰めているのかもしれない。さみしいって言って大丈夫ですよ。女の人の3人に2人くらいは「分かる」って言ってくれると思います。

消費のためだけに生きていることは辛いのでブログを書いているという側面はあるかもしれない。ただ、なにか生産をしたいなあと思ってブログを書こうとしても、なんだかおもしろい言葉が思い浮かばない日はある。極端に楽しい訳でも極端に絶望している訳でもない今日は、ブログを書くのには向いてない。

社会人って大変だなあと思う。調子がいい日も悪い日も、生産し続けなければならない。それってすごくないか。毎日ブログ書いてるみたいなもんじゃないか。それとも大人になったら毎日ブログが書ける人間で社会はあふれかえるのか。

「社会人とは日々に責任を持つ人間のことである」

だれもこんなことは言っていないと思う。責任の対義語は依存だろうか。でも自立することは依存先を増やすことだって言ってたぞ。自立と責任は似ているようで違う。自立は孤独に似ているからだろうか。

ほんとに今日はなにもしない一日だったなあ。こんな日がいつまでも続くと困るんだ。

頑張っていこうじゃないか。

面白そうな就活のあれこれをまとめてみるから就活生頑張れ

「就活 楽しい」「就活 面白い」で検索をかけてみた

f:id:mokn106:20170413172627p:plain

はてな界隈にどれだけ就活生がいるのか分かりませんが。

就職活動中の皆さま、お疲れ様です。就活、楽しんでますか? ちなみに「就活 つらい」で検索すると約138万件、「就活 疲れた」だと約230万件、「就活 楽しい」だと約169万件ヒットします。そして「就活 面白い」だとその数約2190万件です。

就活を面白くする方法、きっと探せばあるんだと思います。無理せず頑張っていきましょう。

 

 

アウトロー採用

outlaw.so

「違和感とバカらしさで就活をやめた人のための、マイナーな就職サービス」という触れ込みです。就活らしからぬこのもの言いに共感する人も多いんじゃないでしょうか。

この採用プログラムは、大学生や若者の持つ就職活動への疑問や違和感をもとに、2012年度から試験的にスタートしました。
決して働きたくないわけじゃないし、頑張る気がないわけでもない。でも、今の「就活」という文化や制度の中ではどうもうまく伝わらない。次第に気持ち悪さやバカらしさに嫌気をさし、自ら「就活」を降りてしまう。
これは、そんな【就活アウトロー】のためのマイナーな就職サービスです。

多様性というところに重きを置いたサービスだなあ、と思います。もっといろんな就活サービスが生まれて、自分に合った就活方法を選べる時代になるといいですなあ。

行った人の体験ブログとかもあるのでそれも参考に。

azuki-br.hateblo.jp

 

面白法人カヤック

www.kayac.com

ここはスマホからエントリーするときのエントリーシートの記入方法が面白かったです。LINEみたいなトーク画面でコミュニケーションしているとあら不思議! いつの間にかエントリーシートの出来あがり!となります。

エントリーシートとか個人情報の記入ってただでさえ単純労働+企業からの評価対象となる成果物なので、しんどくなることが多いです。だからこそこういう遊び心があるだけで嬉しいですよね。

f:id:mokn106:20170413213430p:plain

わーい!たーのしー!

 

普通の就活をゲーミフィケーションする

 

yuto3246.officialblog.jp

就活をゲームみたいに分解して、そのルールにのっとってESや面接に取り組むやり方を紹介しています。これ、すごく面白いです。そして上手くいく感じがイメージできる。もっと早く出会いたかった!!笑

「企業の取り組み方は変えられないけど、自分の取り組み方なら変えることができる」んですよね。そして就活のルールを決めるのは企業じゃない。自ら行動すればルールなんてのは自分が思うように作り変えることが出来る、ということがこのブログを読んでいると良く分かっていいですね。ステキです。

 

https://www.amazon.co.jp/就活ゲーム(完全版)-みつしろゆうと-ebook/dp/B00S2BFFM2

kindleも出ているみたいです!

 

ちなみに

camp-fire.jp

発想の勝利という感じです笑

この発想力がほしい!という会社もあるだろうなあ。

 

さいごに

私は不安で不安で就活本をいっぱい買ってしまいましたが、そういう「不安にあおられるような就活」では良くない(不安をあおってお金を稼ごうとするビジネスも良くない)と思います。

もっと!楽しく!

もっと!お金も時間も節約できて!

もっと!企業の魅力が伝わって!

もっと!自分と強みややりたいことと向き合うことができるような!

就活のしくみができればいいですねえ。